様々な車検のメリットとデメリットについて知ろう

ディーラー車検の特徴

車の車検は様々な場所で受ける事が出来ます。その中で一番安心感があるのが自動車ディーラーによる車検です。自動車ディーラーによる車検だと二年間は整備しない事を前提に整備します。その際に用いる部品もディーラーの純正部品を使用するので品質も安心です。整備した部分に関しては、2年程度の保証が付くので安心です。整備するのは国家資格を所持した整備士になるので整備の質も保証できます。そのため車の知識がなくても安心ですよ。

カー用品店による車検の特徴

ディーラー以外にもカー用品店で車検を受ける事ができます。カー用品店の車検だと国家資格を所持したスタッフの指導のもと、アルバイトスタッフが整備する場合が多いです。そのためコストがかからないめ支払い金額が安くなります。整備の品質はディーラーの整備とほとんど遜色ありません。部品もディーラーの純正部品と変わらない品質の部品を使用します。店舗によっては1日車検をしている場合があり、その場合は2~3日で作業が終了しますよ。

ユーザー車検について

一番安い車検の方法にユーザー車検があります。こちらの方法だと整備がない限りは法定費用のみとなります。万が一不備があった場合には全て自分で整備するか、その部分のみディーラーやカー用品店で再整備してもらう必要があります。手続きも自分で行う必要があります。ディーラーやカー用品店だと日曜祝日も営業していますが、国の車検場で行うユーザー車検は平日しか開いていないため、平日に休みが取れない場合には有給を使う必要がありますよ。

車検について新車は3年、以降2年毎の点検です。(1ナンバーなど一部車種は除きます)この点検は基本的なことで点検をしないと、道路を走ることが違反になってしまいますので点検は必ず受けましょう。